In&Outdoor

インドアな僕がアウトドアの世界にズブズブにハマっていくというイン&アウトドアなブログです。

ついに購入!MSRステイクハンマーをレビュー

とうとう手に入れた僕のムジョルニア

f:id:in-n-outdoor:20200605001705j:plain

かれこれ2年ほどかけて悩み続けていた例のペグハンマー問題がついに解決しました。

買ったのはそうMSRのステイクハンマー。

うれしくて早速ペグの試し打ちをしてきました。ソリッドステークとの使用感や子どもが打ったらどうだったかなどレビューします。

www.in-and-outdoor.com

 


購入に至った理由

このMSRのステイクハンマー、スノーピークのペグハンマー、村の鍛冶屋のアルティメットハンマーの三つで悩みましたが、

最終的にはビジュアルの良さ、そして軽さで選びました。

今はファミリーキャンプだけど、いずれはソロにもガンガン挑戦したいので極力軽めの装備にしていければという理由もひとつ。

あとは新規入会特典で手に入れた楽天スーパーポイントを使いたかったからというのもあります。 

www.in-and-outdoor.com

 

 

MSRとは

Mountain Safety Researchという1969年設立のアメリカのブランド。

マウンテンセーフティーリサーチという名前の通り、キャンプメーカーというよりは山岳用品メーカーというイメージです。なので軽量のテントとか高地で使うストーブとか本気度&お値段の高いメーカーです。

性能は折り紙つきなので、こだわってる感を出したいキャンパーの方、今後登山方面にも手を出したいと考えている方にオススメのブランドではないでしょうか。

www.msrgear.com

 

 

実際の使用感をソリステでチェック

スノーピーク650gに対しMSRが312gと約半分。軽すぎるのでは?と心配があったのですが、全く問題ありませんでした。

軽い分だけ友達のスノーピークよりもたたく回数は必要かなという印象。

でも小学生の娘に打たせてみましたが問題なくペグ打ちできました。


とはいえ、さすがはステンレス。鋳造ペグのソリッドステークをガンガンやってみましたがヘッドもソリステも大丈夫でした。

もちろんですが、100均のゴムハンマーとは比べ物にはならないです。

 

ただ、ペグ抜きに関してはソリッドステークの太さが合わなかったので、ソリステのペグ抜きは引き続きこれまで同様にソリステ2本使ってグリグリやる技を使おうと思います。

もう一種愛用しているユニフレームのジェラルミンペグにはバッチリ使えそうです。

 

 

ステイクハンマーのココが素敵

  ★まず軽い

登山ブランドMSRなだけはあり、軽さへのこだわりはさすがです。どんどん増えていくキャンプギアを少なく軽くしていくためにうってつけのアイテムだと思いました。

 

★自立する

草むらとかでも目立つからなくさない的な意味合いだと思いますが、基本ペグといっしょに保管するはずなので、これはしばらくキャンプで使用してみてそんなに意味あるのかを検証してみたいと思います。

 

★デザインがスタイリッシュ

無骨なペグハンマーたちの中では群を抜いてスタイリッシュです。

こんなんで大丈夫なの?硬い地面でもソリステ打てるの?って思う人もいるかもしれませんが、全然大丈夫でした。逆にキャンプ用品ぽくないこのフォルムが購入の理由です。

 

★栓も抜ける

栓抜きという機能もあります。
実際キャンプに瓶はあまり持っていかないので、これはあまり使わないだろうと思いますが、すごく旨そうなご当地ビールとかサイダーとかと出会ってしまうかもしれないですし。

 

と、このぐらいなんですが、まぁハンマーですからね。

軽いのにペグがしっかり打てるってなかなかすごいことではないのかと思います。

 

 

テントの設営が3倍ぐらい楽しみになりました。

しかしトンカチに5,000円かけると、みんなに勧めたくなるもんですね。

周りのキャンパーがみんな僕にハンマーを勧める理由がよくわかりました。これでテントを設営するのが3倍ぐらい楽しみになりました。

早くキャンプの予定を立てて、この僕のムジョルニアをガンガン使い倒していきたいと思います!