ファミリーに最適なキャンプスイーツ「スモア」のススメ

マシュマロ×炭火×子供たち

大人になってマシュマロを食べる機会なんて、もはやホワイトデーですらないと思っていました。でもファミリーキャンプをはじめたことで、マシュマロはわりに身近な食べ物になりつつあります。

なぜなら、おいしいだけじゃなく、子供たちが楽しみながらお手伝いできて、超カンタンにつくれるキャンプスイーツ「スモア」があるからなんです。

そんなファミリーキャンプに最適な「スモア」の魅力や作り方をご紹介します。

スモアが近づけてくれる距離感

キャンプやバーベキューでは、お父さんが炭台でソーセージやお肉を焼いたりしている間、子供たちは遊んできて「お腹すいた〜なんか食べるものはないの?」という、食べるだけのスタイルになりがちです。

もちろん火は危ないし、その方が早いというのが理由だと思います。

 

でも、せっかく家族でキャンプやバーベキューにきているのに、この距離感はもったいないのではないでしょうか。

そんな家族の距離感を縮めてくれるのが、おいしくて、お手伝いも超カンタンな「スモア」なんです。

 

スモア専用の秘密兵器を導入

今回、Carlosファミリーのマシュマロライフを一段上のレベルに引き上げるために、マシュマロ焼き用アイテムをカインズで発見し購入しました。

 焼きマシュマロ用のスライドフォーク

「伸縮ステンレス串2本セット」

2本で498円(税込)というコスパ。伸ばしたら最大82cmまで伸びます。

先が尖りすぎていないのも安心感。

これまでただの割り箸だった串から、いっきにステンレス製キャンプギアにレベルアップし、子供たちも嬉しそうです。

 

オススメのマシュマロは

オススメはビッグサイズの「XXLマシュマロ」。

焼きやすさと食べた時の満足感が違います。

下は、挟むためのクラッカーです。

昔はビッグサイズのマシュマロは、なかなか売っている店がなかったのですが、最近ではけっこう普通のスーパーでも300円〜400円ぐらいで売っていたります。

やっぱりキャンプ需要が高くなっている影響なのでしょうか。

 

では実際スモアを作りましょう

といっても

マシュマロの袋をあけて、串に刺して

串を伸ばしてくるくると焼くだけ。

かなり小さい子供でもお手伝いできてしまいます。

2個ほど火を近づけすぎてしまい真っ黒に焦げてしまいましたが、今回串が長いので、子供たちも焦ることなく対処できました。

いい感じに焦げ目がついてきたら、クラッカーやクッキーで挟むだけ

これで完成です。

チョコを挟んだり、ジャムを塗ったりしても美味しいですよ。

 

ファミリーキャンプでスモアのススメ

マシュマロを焼く時は、率先してお手伝いをしてくれます。

「え〜。」とか「やだ〜。」とかの声を一度も聞いたことがありません。

テントを撤収する時のお手伝いのモティベーションとはぜんぜん違います。

自分で作って食べる楽しさ、火の扱いの難しさ、そういったものを子供たちが遊びながら学べるスイーツ「スモア」。

ぜひファミリーキャンプに取り入れてみてはいかがでしょうか。