In&Outdoor

インドアな僕がアウトドアの世界にズブズブにハマっていくというイン&アウトドアなブログです。

意外にハマるかも!?雨キャンプを愉しむための7つのアイデア

どーも。サラリーマンキャンパーのCarlosです。

梅雨のシーズンですね。

青空のもとでキャンプをしたいけど「仕事の休みがなかなか取れない。」「家族みんなの予定が合わない。」みたいな理由で、雨予報なのにしかたなく雨キャンプという方も多いですよね。

万が一雨が降ってしまったとしても大丈夫です。

実は考え方をちょっと変えれば、雨キャンプだってけっこう愉しむことができるんです。

今回はそんな雨キャンプを愉しむための7つのアイデアを提案します。

 

★映画を見る

雨の中、テントやタープ下に籠るしかないのを逆手にとって、映画をじっくりと愉しむというのはいかがでしょうか。

僕はアマゾンプライム会員なので、タブレットに映画をダウンロードしておいてオフラインで観ることのできるアプリ機能をよく使っています。

基本、電波の弱い場所にあるキャンプ場ではこの機能がなかなか役に立ちます。

写真はソロキャンプで楽しんだジョジョ対ワムウ戦。

Amazon Prime「30日間の無料体験」はこちら

 

キャンプの時は最新映画やアニメを必ず数本ダウンロードしておいて、子供たちの渋滞時の暇つぶしや、夜のテントで寝る前の鑑賞用に備えています。

そのうち機会があれば「プロジェクターでテントやタープに投影」というのも一度やってみたいですね。

 

 

★本を読む

「大自然の中での読書は最高だろうな」と、キャンプの時にも本を数冊持っていくのですが、意外に読むヒマがなくてそのまま持って帰ってきてしまうことが多いです。

 

でも雨キャンプならじっくり読書を愉しむ時間があるのではないでしょうか。

テントにパラパラとあたる優しい雨音をBGMに、なかなか集中できる癒しの時間かもしれません。

www.in-and-outdoor.com

 

もちろん漫画でも全然いいですけどね。まぁ漫画はどこで読んでも集中できますが、、。

www.in-and-outdoor.com

 

 

★お酒を飲む

僕の場合、雨だろうと晴れだろうとお酒は飲むのですが、、

せっかく雨で涼しいのですからビールよりは熱燗で干物なんかを炙りながらの日本酒とか渋くて良いのではないでしょうか。

ユニフレームの焚火台「ユニセラ」には、なんと熱燗専用のアタッチメントもあるそうです。さすが新潟ブランド。

 

 

★ゲームをする

キャンプに来てニンテンドースイッチなんてけしからん。という家庭もあるかもしれませんが、今の時代は全然ありだ僕はと思います。

大人がキャンプ場で映画や読書を愉しむように、子供にとってはキャンプ場でやるマリオカートは家でやるマリオカートとはまた違って楽しいものなのではないでしょうか。

もちろんUNOとかナンジャモンジャとか従来のカードゲームもオススメです。

今は、UNOだけじゃなくてDOSなんてのも出てるみたいです。

ドス! FRM36

ドス! FRM36

  • マテル(MATTEL)
Amazon

 

 

★観光をする

キャンプ場で遊べないとなれば、近くの観光地に目先を変えて、お店や名所・旧跡を巡ってみるのもありだと思います。

新たな発見があったり、実はすごい有名な戦国武将の城跡が近くにあって歴史にハマったり(コレは僕のパターンです。)、その地域ごとの渋い魅力を味わえるので面白いですよ。

 

 

★温泉を満喫する

キャンプ場の近くに温泉地があるのであれば、キャンプの時間を最低限で終わらせてしまって、ただただゆっくり温泉につかる。

至福の時間である温泉をメインにしてしまって、テントは寝るだけと割り切ってしまうというのもたまにはアリだと思います。

 

 

★ぼーっとする

「何もしない」というのもひとつの選択肢です。

現代社会において、みんなアレコレ詰め込みすぎな感があるのではないでしょうか。

という僕も恥ずかしい話、キャンプ場でもやりたいことを詰め込みすぎてしまうきらいがあります。

何も考えない時間。実はとても重要なのかもしれません。

 

この最後の「ぼーっとする」という選択肢が、書いていて一番贅沢なんじゃないのかと思いました。

 

 

まとめ

以上、雨キャンプを愉しむための7つのアイデアをご紹介しました。

 

僕なんか、ファミリーキャンプをはじめてからの初キャンプも2回目も雨でした。

笑えるぐらいに雨がダバダバ降ったんですが、それはそれで楽しくって、もう二度と行きたくないなんて不思議と思わなかったです。

 

逆に、子供たちとゲラゲラ笑いながら椅子をタープの下に片付けたり、モンベルのゴアテックスの撥水力を試せて楽しかったという思い出しかありません。

 

非日常を愉しむのがキャンプなので、そもそも雨キャンプ全然アリなのでした。

www.in-and-outdoor.com