In&Outdoor

インドアな僕がアウトドアの世界にズブズブにハマっていくというイン&アウトドアなブログです。

塊肉はキャンプギア!牛肉の代表的な7つの部位の特徴をご紹介

どーも。サラリーマンキャンパーのCarlosです。

キャンプといえば肉。肉といえばステーキ。でもひと口にステーキといってもいろいろな部位があります。

今回はアウトドアでのステーキに最適なリブロース、サーロイン、肩ロース、モモ肉といった牛肉の代表的な7つの部位の特徴を解説します。

 

牛肉の代表的な部位を解説

外で食べれば、おにぎりでもカップ麺でも、大概のものは3割増しで旨くなります。

さらに炭火で肉を焼いたら旨いに決まっています。

でもせっかく外で炭焼きをするのなら、さらに一段踏み込んで牛肉の部位にこだわってみるのはいかがでしょうか。

 

最近はスーパーのお肉売り場でもいろいろな部位の塊肉を目にする機会が増えてきました。

でもどんな部位を買えばいいの?っていう人のために、牛肉の代表的な7つの部位の特徴を紹介します。

 

リブロース 

牛の背中まわりにある部位。形も良くきめ細やかな霜降りになりやすいステーキの王道といえる部位です。

グラスフェッドビーフ 牧草牛 リブロース ブロック 800g

ただ、産地や等級にもよりますが、なかなかお値段高めの部位です。

 

サーロイン 

リブロースととランプに挟まれた部位で、サシのバランスが程よく、風味のある味わいが楽しめるステーキの代名詞的部位です。

味だけでなく、いかにもステーキというビジュアルのため、かなり写真映えします。

グラスフェッドビーフ サーロイン ブロック 500g

 

肩ロース 

近所のスーパーでもよく目にするリーズナブルな部位です。

スジが多めなので切りづらく、焼いていると剥がれてきてビジュアル的にいまいちではありますが、肉の味が濃くて美味しい部位です。

牛肩ロース 1ポンドステーキ 453g以上

 

他の部位とくらべて安いので、うちはどうしても肩ロースが多めになってしまいます。

 

ヒレ/フィレ

牛1頭から約3%ほどしか取れない希少部位。

牛肉の中でもっともきめが細かくやわらかな部位で、脂肪も少なくステーキに最適です。

超高級部位として有名な「シャトーブリアン」とは、このヒレの中でも真ん中の肉質が揃ったもっとも柔らかい部分です。

超!厚切り グラスフェッドビーフ ヒレ/フィレ ステーキ 250g

 

ランプ 

サーロインの後ろの腰からおしりにかけての部位で、脂肪分も少なく、やわらかくクセの少ない部位です。

うまみと風味もしっかりあるので、肉好きの人に人気です。

グラスフェッドビーフ ランプステーキ 250g

 

以前、キャンプでランプステーキを焼いてみましたが、

f:id:in-n-outdoor:20200607222300j:plain

最高でした。

 

モモ

脂も少ない赤身肉というやつです。

脂が少ないということで、コレステロールが気になってきたおじさんや、糖質制限されている健康志向の方にオススメです。

値段もそこまで高くありません。

またローストビーフをするなら、モモがあれば間違いなしという部位です。

 

ミスジ

牛の肩甲骨の下の部位でこちらも希少部位です。

あまり動かさない部位のため大変やわらかいです。やわらかいのに値段は安め。

真ん中に大きなスジが入っているのが価格が安い理由でもあります。

ステーキチェーンや焼肉屋のメニューでもたまに目にすることがあります。

 

 

どこで買えばいいの?

スーパー

スーパーにもよりますが、最近の大きいイオンなど部位をいろいろと置いてくれているスーパーが増えています。

魚屋さんで刺身や三枚おろし加工をしてくれるように、お肉屋さんに事前に言っておけば塊で要望通りにカットしてくれたりするところもあります。

 

ネット通販

今時はそこら辺のスーパーよりも、ネットの方が品揃えが良かったりもします。

例えば、こちらの専門店「ミートガイ」は種類豊富でお勧めです。

 

ふるさと納税

ふるさと納税を使ってお得に手に入れるという必殺技もあります。

僕はキャンプギアの返礼品のことばかり書いていますが、本来ふるさと納税は肉とか海鮮とか果物とかの返礼品がメインなので、こっちの方がお得なのむちゃくちゃありますよ。

【ふるさと納税】宮崎県産黒毛和牛1ポンド(450g以上)ロースステーキ 1枚【宮崎県木城町】

 

こちらはキャンプギア返礼品の記事

↓↓↓

www.in-and-outdoor.com

 

 

まとめ

以上、牛肉の代表的な7つの部位の特徴をご紹介しました。

個人的にはここで紹介した中でいえば、リブロースやヒレなどの高級系の部位よりも、アウトドアでワイルドに楽しめる赤身肉系の方が肉を食っているという感じがして好きではあります。(値段的にも。)

 

まあ炭火で焼けばだいたいなんでも美味しいですし、あるいは外で食べるだけでもほとんどのものが美味しくなります。

でも、さらに牛肉の部位を知ることで、もう一段階上のキャンプ飯に挑戦できるのではないでしょうか。

 

みていただいた方のなんらかの参考や、良いブランドとの出会いになれば幸いです。