In&Outdoor

インドアな僕がアウトドアの世界にズブズブにハマっていくというイン&アウトドアなブログです。

おおぐて湖キャンプ場で自粛明けソロキャンプ

f:id:in-n-outdoor:20211018225051j:plain

どーも。サラリーマンキャンパーCarlosです。

ついに緊急事態宣言が明け、我慢していた焚き火&ソロキャンプをすることができました。

つらく長かった自粛のフラストレーションを焚き火とアルコールに真っ直ぐぶつけてきた今回のソロキャンプの模様をご紹介します。

 

3回目のソロキャンプ

f:id:in-n-outdoor:20211018222617j:plain

初ソロでの挫折。ソロ2回目でのリベンジを経て

今回、ソロ3回目のテーマは「前回よりもシンプル&コンパクトに収める」でした。

PDCAの観点からいえば、前回良かった部分を踏襲しながら、前回ミスった「荷物量の問題」と「ゲロまずかったパスタの問題」をクリアすること。

www.in-and-outdoor.com

 

 

秋晴れのおおぐて湖キャンプ場

f:id:in-n-outdoor:20211018222110j:plain

キャンプ場は2年前にレビュー記事を書いた南信州にある「おおぐて湖キャンプ場」

金曜日に有休を取って行ったので、平日料金で林間サイト1,000円!でした。

そんなナイスな価格設定のため、金曜日でもほとんどのサイトが埋まっていました。

www.in-and-outdoor.com

 

 

タープなしのシンプルスタイル

ほぼ完全に木に囲まれたサイトだったのと、雨の心配がない最高の秋晴れだったので、タープは使わずソロテントとチェアと焚火台を並べるだけのシンプル(雑)なスタイルにしました。

f:id:in-n-outdoor:20211018221530j:plain

少しでも早くビールを飲みながら焚き火をしたかったという理由もあります。

f:id:in-n-outdoor:20211018221739j:plain

そんな焦りもあってか、ひさしぶりのフェザースティックも雑め。

f:id:in-n-outdoor:20211018222225j:plain

でも、着火はスムーズでした。

 

そんな前のめりな感じで始まった半年ぶりの焚き火を噛みしめながら

まずは「砂肝とエリンギとししとうのアヒージョ」という、適当につくっても旨い焚き火飯でビールを楽しみました。

f:id:in-n-outdoor:20211018222340j:plain

だんだんと日が落ちてきて、デイツランタンに火を灯しました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Carlos(@in_n_outdoor)がシェアした投稿

今回は他のランタンは使わず、焚き火の光とオイルランタンの光だけで夜を過ごしました。

f:id:in-n-outdoor:20211018223135j:plain

一人でただ酒を飲むのには充分すぎる明るさでした。

 

 

夜食は手抜きおでん

f:id:in-n-outdoor:20211018214732j:plain

夜食は焚き火をしながら、袋おでんをメスティンで温めるだけの手抜きキャンプめし。

f:id:in-n-outdoor:20211018214727j:plain

10月なのにそこまで寒くなかったのですが、十分おいしかったです。

 

 

ジョジョVSワムウに酔う

お酒が進み、かなりテンションが上がってきたところで、アマゾンプライムでダウンロードしておいた「ジョジョの奇妙な冒険」の第2部をイヤホンで鑑賞。

f:id:in-n-outdoor:20211018214736j:plain

Amazon Prime「30日間の無料体験」はこちら

一番好きなワムウとの戦車シーンを肴にさらに酒が進みました。

薪が燃え尽きたあとは、テントの中で寝袋に包まり、カーズとの戦いをみながら就寝。

 

 

朝ごはんはわかめ雑炊

朝ごはんは、夜のおでん汁にフリーズドライのわかめご飯(もらい物)を入れて「わかめ雑炊」に。

f:id:in-n-outdoor:20211018214740j:plain

二日酔い気味の朝メシとしてベストチョイスでした。

(さらにいえば、汁も流しに捨てることなく帰ることができました。)

 

 

早めのチェックアウトでドライブ

早めに撤収し、9時過ぎにチェックアウト。

おおぐて湖キャンプ場のある下條村から1時間ほどドライブして、駒ヶ根市に向かいました。

 

天気が素晴らしく良くて、あの千畳敷カールがとても綺麗に見えました。

f:id:in-n-outdoor:20211018214744j:plain

 

駒ヶ根に向かった理由は、以前紹介したこだわりスーパー「ツルヤ」に寄るため。

f:id:in-n-outdoor:20211018214749j:plain

お父さんのソロキャンプを許してくれる優しい家族へ、梨とかジャムとかドレッシングとか長野産のお土産をたんまり買って帰りました。

www.in-and-outdoor.com

 

 

まとめ

以上、南信州にある「おおぐて湖キャンプ場」で自粛明けの焚き火&ソロキャンプでした。

f:id:in-n-outdoor:20211018225051j:plain

久しぶりの焚き火も最高でしたが、

好きなタイミングで自分の食べたいものを食べ、飲みたいものを飲み、やりたいことをやるというソロキャンプらしいソロキャンプができたと思います。

 

また焚き火シートを使って地面を守ったり、おでんの残り汁を使い切るメニューを選ぶなど、これまで以上に自然のことも配慮しながらキャンプができたのも良かったと思います。

 

おおぐて湖キャンプ場も、以前よりサイトも増えパワーアップしてましたので、また別記事でご紹介したいと思います。