In&Outdoor

インドアな僕がアウトドアの世界にズブズブにハマっていくというイン&アウトドアなブログです。

アウトドアブランド事典『G』

f:id:in-n-outdoor:20201017100046j:plain

どーも。サラリーマンキャンパーのCarlosです。

今回はアウトドアブランド事典「G」です。GRIP SWANYのような歴史ある無骨なブランドから、人気のGOAL ZEROといった新しいブランドまでバラエティに飛んだラインナップが揃いました。

 

「アウトドアブランド事典」のルール 

In&Outdoor的アウトドアブランド事典を書いていくにあたって、いくつかのルールを決めました。

  • 紹介するのは自分が持っているブランドや知り合いが使っているブランド、せめて売り場で実際さわったことがあるブランドにしたいと思います。そもそも僕自身が初心者かつ低所得サラリーマンであるため、オシャレすぎるガレージブランドは見えないことにしています。
  • 企業名や商品名もそっちの方が一般的ならリストに入れる場合もあります。

  • 創業年、本拠地などが分かれば入れます。(古いから良いブランドというわけではないですが、歴史は判断基準のひとつだと僕は思います。)

  • アウトドアブランドではなくても、アウトドアシーンで使われるアイテムを出しているメーカーやアパレルブランドも入れる場合もあります。

  • なるだけフラットに説明しながらも、個人的思い入れがある場合は書いてしまいます。

  • 追加情報や、ブランドは随時更新していく予定です。

 

GRIP SWANY(グリップスワニー)

創業:1848年

アメリカ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

グリップスワニー(@gripswany)がシェアした投稿 -

焚き火関連の頑丈で無骨でアメリカンなグローブやウェアの老舗ブランド。

1848年ゴールドラッシュの時に採掘のために、バッファロー革のグローブを作ったのがブランドのはじまり。

特徴的な黄色はスワニーイエローと呼ばれ、当時は灯りが少なく落とした時に見つけやすいようにこの色に染めたのが始まりだそうです。(このウンチクは覚えておいて損はないですね。)

焚き火用の手袋はここ一択な気がします。

最近はオリジナルのマスクも話題になっていました。

www.grip-swany.co.jp

 

 

GO PRO(ゴープロ)

創業:2002年

アメリカ/カリフォルニア

www.tajima-motor.com

言わずと知れたアクションカメラのトップブランドです。

友人が持っていて、川に潜ったり、バイクのツーリングをタイムラプスで撮ったりして遊んでいます。

iPhoneには真似できない事が手軽にできるスポーツ&アウトドアツールではないでしょうか。

 

 

GREGORY(グレゴリー)

創業:1977年

アメリカ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

GREGORY/グレゴリー(@gregoryjapan)がシェアした投稿 -

世界トップレベルのバックパック専門ブランド。

僕の高校時代にとても流行った時期(まるで今のNorth Faceみたいに)があり、当時は手書き風のうねうねしたロゴで、僕の周りの男子はほとんどがグレゴリーのリュック持ってました。

10年以上気に入って使っていたのですが、ある日、奥さんや娘から「とてもヤバい匂いがする」という指摘をされてご臨終しました。

www.gregory.jp

 

 

GENTOS(ジェントス)  

創業:1978年

日本

懐中電灯、ヘッドライト、ランタンのブランド。

2015年に2,500円ぐらいでジェントスのLEDランタンをアマゾンで買いました。

360ルーメンで明るすぎず暗すぎず、なんだかんだでキャンプ、車中泊、ベランピング等、重宝しています。

手軽にさっと使えるので、停電用にもと考えて、パソコン机に置いてあります。

www.gentos.jp

 

 

GRANITE GEAR(グラナイトギア)

創業:1986年

アメリカ/ミネソタ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Granite Gear(@granitegear)がシェアした投稿 -

1986年にアウトドア好きの若者2人が自分たちが満足できるアウトドアギアを製作するために立ち上げた山岳ギアブランド。

1995年に開発した形成フレームを使ったバックパックがウルトラライトのブームに乗り、数多くのハイカーに支持されているそうです。

https://www.granitegear.com/

 

 

GRAMICCI(グラミチ)

創業:1982年

アメリカ/カリフォルニア

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

GRAMICCI JAPAN / グラミチ公式(@gramicci_jp)がシェアした投稿 -

ロッククライマーの創業者が立ち上げたブランド。

クライミングパンツが有名ですが、カジュアルなファッションアイテムも豊富で、リサイクルショップのアウトドアコーナーでもよくみかけます。

2019年にはワンピースやキティちゃんとコラボしていたりもする振り幅の広いブランドです。

www.gramicci.jp

 

 

GOAL ZERO(ゴールゼロ)

創業:2008年

アメリカ/ユタ

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

GOAL ZERO(@goalzero)がシェアした投稿 -

口コミで広まり、定価で買うことが困難なLIGHTHOUSE microというコンパクトで明るくて安いコスパ最強のLEDランタンが今話題のブランドです。

電気を使えない地域の貧困層をなくすことを理念として環境にやさしく、品質、デザイン、使いやすさにこだわった、高性能かつポータブルで拡張性が高いソーラー発電システムを開発。ポータブル電源やソーラーパネルなども販売しています。

売り上げもNPOを通じて支援に役立てているという芯のあるブランドで、2011年の東日本大震災の時には、ソーラーパネル、バッテリー、ライトが届けられたそうです。

 

 

まとめ

以上、アウトドアブランド事典『G』でした。

他にもGOLDWINGSI、登山靴のGOROなどあるのですが、もう少し実物をみることができたら追記していきたいと思います。

 

今回、ただ流行ってるだけかと思っていたGOAL ZEROが実は理念のしっかりしたブランドだと知ってちょっと好きになりました。

Twitter情報によると、たまにローカルなホームセンターで定価で発掘されることがあるみたいなので、ホームセンターもパトロールしなければと思います。

www.in-and-outdoor.com