In&Outdoor

インドアな僕がアウトドアの世界にズブズブにハマっていくというイン&アウトドアなブログです。

リサイクルショップ【キャンプギア】パトロールのススメ

 

f:id:in-n-outdoor:20201011203038j:plain

どーも。趣味アウトドアショップパトロールのCarlosです。

キャンプギアはなにもアウトドアショップだけで売ってるわけではありません。宝探し感覚でキャンプギアを探す「リサイクルショップパトロール」がとてもオススメです。

今回、ブックオフとかセカンドストリートといった大手リサイクルショップから、個人経営のリサイクルショップのパトロールをオススメする理由、気をつける事、お役立ち情報などなどまとめてみました。

 

リサイクルショップがオススメの理由【その1】

キャンプギアが安く買えるから

いい歳してセコいオッサンだなといわれるとズキューンってなって何も言い返せないのですが、、違います。生活防衛力に長けていると考えてみてください。

このコロナ禍において、新品のキャンプギアをギャンギャン買いまくるお父さんと、無駄遣いをしないセコいお父さん。どっちがちゃんとしていますかって事です。 (さすがにシュラフやマットは新品買いますけど。)

ちなみに株式の神様ウォーレン・バフェットは超億万長者なのに散発代をケチるそうです。なぜなら投資資金の1ドルの大切さを知っているからです。

 

リサイクルショップがオススメの理由【その2】

掘り出し物を見つけた時の喜び

実はこれが言いたかっただけの記事でもあるのですが、、

先日バリスティクスのランプケースをリサイクルショップで2,200円(税込)でゲットしました。

f:id:in-n-outdoor:20201011210939j:plain

しかも全然汚れがないので、恐らく未使用品。

f:id:in-n-outdoor:20201017093222j:plain

見つけた瞬間、2010年W杯の日本代表がデンマーク代表に勝った時レベルのカタルシスを感じることができましたよ。

www.ballistics.jp

後々フェアーハンドランタンを入れる用で買いました。(とりあえずはユニフレームのUL-Xを入れてます。)

 

 

リサイクルショップパトロール時に気をつける事

ということで、そんなセコいベテランリサイクルショップパトローラーCarlosがリサイクルショップでアウトドアギアを漁る時に気をつけるべきことをご紹介します。

 

検品をしっかりする

店員さんに声をかけて、中身を見せてもらいましょう。致命的な傷や汚れがあったり、パーツがなかったりしたら最悪ですよね。

中古品はどれだけ安くても状態が悪ければ買うのはやめたほうが良いと思います。

 

正規の価格をちゃんと調べる

最近、中古なのにイイお値段で売っていたり、ヒドいのだと定価以上で売っていたりするものもあったりします。

セカンドストリートなんかはアウトドアブームに便乗して、新品のPB商品なんかを並べていたりして難易度が上がっています。

良いかも!と思っても、まず冷静にスマホで検索です。

 

ブランドをちゃんと調べる

アウトドアブランドっぽいロゴが付いてるし安いしと思って買ったら、ちゃんとしたブランドじゃなかったなんてこともよくあります。

特に最近はアウトドア業界に新規参入が多く怪しいブランドがたくさん増えているので要注意です。

そんなことにならないためにはブランドのヒストリーを知ることが役に立ちます。ぜひブランド事典の活用してください。(まだ途中ですいませんが、こういうタイミング活用していただければと思ってコツコツ書いています。)

www.in-and-outdoor.com

 

足で稼ぐ

「捜査は足で稼げ」ってたしか太陽にほえろでいっていましたが、たくさんの店舗を巡るのが大切です。

リサイクルショップは一期一会ですから、たまたま入ってきた良品にたまたまめぐり合うためにはよほどの強運を持つかパトロールする店の数で勝負するしかありません。

キャンプブームの今、ライバルのお父さんたちは結構いますよ。

 

 

お役立ち情報

最後にお役立ち情報です。

リサイクルショップパトロールに絶対オススメな時期というものがあります。

それは引越しシーズン&季節の変わり目です。

f:id:in-n-outdoor:20201011213146j:plain

リサイクルショップにお宝が多いタイミングは、やっぱり卒業や転勤などで引越しの多い不用品がたくさん出るタイミングの3月や9月。

さらにその時期は季節の変わり目で、売り場のレイアウトを変えないといけないタイミングです。

お店側の気持ちになって考えてみて下さい。

在庫が増えて売り場のレイアウトを変えなければいけないタイミングは、いつもよりお値打ちに商品を並べますよね。

 

 

まとめ

今回は、大手から個人のリサイクルショップパトロールのオススメの理由、気をつける事、お役立ち情報をご紹介しました。

 

秋になり、コロナで自粛気味だったアウトドアショップパトロールを復活しました。

家のまわりにあるアウトドアショップ、スポーツ量販店、リサイクルショップをまわれるだけまわるという癒しの時間を満喫しています。

 

アウトドアギアを買いたいけど、予算的に新品をギャンギャン買えないというお父さん。リサイクルショップパトロールぜひ挑戦してみてください。

 

↓↓↓関連記事↓↓↓

www.in-and-outdoor.com